よくある質問

受検者への案内について

Q1. CSVファイルアップロード時にアカウント通知メールを出し忘れたのですが、あとからメールを出すにはどうすればよいですか。

A.チェックボックスにチェックを入れずにアップロードした場合、アカウント通知メールで作成したメールは送信されません。アカウント通知メールはCSVファイルのアップロード時の機能ですので、複数の受検者への一括再送信はできません。既に登録されている受検者に本システムを使ってメールを出す方法は2通りあります。

一括送信
  1. 利用者検索で該当する受検者を抽出する。
  2. 受検者を選択後、利用者情報検索一覧のプルダウンメニューから「選択した利用者に案内メールを送信する」を選択し、決定ボタンをクリック。
  3. 別ウィンドウで「メール送信」が開くので、件名・本文など必要事項を入力する。この際、アカウント通知メールと同じ内容でよければコピー・ペーストで文章を作成する。
  4. 「送信内容を確認する」を押して、間違いがないことを確認の上、送信ボタンを押す。
個別送信
  1. 利用者検索で該当する受検者を抽出する。
  2. 利用者情報検索一覧で「編集」ボタンを押す。
  3. 利用者情報編集画面で、「更新した利用者にID、パスワードの通知メールを送信する」のチェックボックスにチェックを入れ、画面の指示に従って更新作業を行う。アカウント通知メールに設定されている内容で送信される。

※ あくまで個別の受検者への操作になるため、大人数の受検者にメールを送信する方法としてはお勧めできない。

ページ先頭へ

Q2. 検査実施後、特定の受検者にメールで案内を出すにはどうすればよいですか。

A.利用者管理の「一括送信」機能を使います。

  1. 利用者検索で該当する受検者を抽出する。
  2. 受検者を選択後、利用者情報検索一覧のプルダウンメニューから「選択した利用者に案内メールを送信する」を選択し、決定ボタンをクリック。
  3. 別ウィンドウで「メール送信」が開くので、件名・本文などを新規に作成する。
  4. 「送信内容を確認する」を押して、間違いがないことを確認の上、送信ボタンを押す。

ページ先頭へ

Q3. URL・ID・パスワードを郵送で案内したいのですが、どうすればよいですか。

A.アカウント通知メール機能ではなく文書を郵送して案内を出す場合には、下記のようにします。

  1. メール配信チェックボックスにチェックを入れずにCSVファイルをアップロードする。
  2. 利用者検索の「利用者CSV出力プレビュー」(CSVにパスワードを含めるにチェックを入れる)を押す。
  3. 画面の指示に従いCSVファイルをダウンロードし、IDやパスワードをコピーして案内文を作成する(Ms office等の差し込み印刷機能を使うと便利)。

受検者URLはhttps://envir.web489.com/env/

ページ先頭へ

受検者の登録について

Q1. 「テストパターン」を未入力のままアップロードしてしまったのですが、あとからテストパターンを付与するにはどうすればよいですか。

A.CSVアップロード用ファイルでは「利用者ID」「利用開始・終了日時」「利用ステータス」「テストパターン」「行終端記号」を必須項目としています。「テストパターン」を入力しなかった場合、該当するIDににテストパターンが付与されていない状態で受検者登録が行われます。お客様側で、アップロード後にテストパターンを付与することはできません。小社人事測定部まで、営業時間内にご連絡ください。

ページ先頭へ

Q2. 受検者を地域、職種、文系・理系などでグルーピングする方法はありますか。

A.アップロード用ファイルの【備考】欄を活用することができます。

  1. 例えば備考1に「東京」「大阪」、備考2に「事務」「技術」、備考3に「理系」「文系」などを入力しアップロードする。
  2. 「東京」「事務」「文系」の受検者をリストアップするには、利用者検索の備考1に「東京」、備考2に「事務」、備考3に「文系」と入力し、検索すればよい。
  3. あいまい検索にも対応しているので、利用者検索の備考1に「東」、備考2に「事」、備考3に「文」と入力しても、同じ結果が得られる。

ページ先頭へ

受検者の管理について

Q1. 既に登録(アップロード)した受検者の基本情報を変更するには、どうすればよいですか。

A.基本情報の変更は、次の3つの方法があります。

複数の受検者を一括で変更する方法
利用者検索で変更したい受検者を抽出し、利用者情報検索一覧画面を表示します。一括変更ができるのは「利用ステータス」と「利用開始/終了日時」の2つです。変更したい受検者のチェックボックスにチェックを入れます。選択した利用者に対するアクション選択のプルダウンメニューから「利用ステータス」あるいは「利用開始/終了日時」を選択し、画面の指示に従って変更作業を行います。
※「利用ステータス」とは該当するIDが有効か無効かを表します。利用ステータスを「不可」にすると、そのIDは使用できなくなります。
個別に変更する方法
利用者検索で変更したい受検者を抽出し、利用者情報検索一覧画面を表示します。個別変更では「テストパターン」を除くすべての基本情報を変更することができます。利用者情報検索一覧画面で「編集」ボタンを押し、利用者情報編集画面を表示します。変更したい項目を修正の上、画面の指示に従って変更作業を行います。

ページ先頭へ

Q2. 受検終了日時指定による受検者を抽出するには、どうすればよいですか。

A.受検終了日時を設定し検索すれば、該当期間内の受検者情報を見ることができます。請求対象期間内(例えば2011年1月21日~2月20日)の受検者情報を抽出するには、「2011年1月21日0時00分」から「2011年2月20日23時59分」までと入力し検索します。

ページ先頭へ

その他の質問

Q1. 受検者画面の動作環境(パソコンのスペック)を教えてください。

A.管理者画面トップ下部にリンク先を設けてありますので、そちらからご確認ください。OS、ブラウザ、回線速度についてはパソコンや回線速度の物理的変更が必要になる場合があります。

ページ先頭へ

Q2. 受検者からの問い合わせでは、何を確認すればよいですか。

1.ログイン画面に進めない
A-1.動作環境チェックですべての項目が適合(○)しないとログイン画面に進めない仕様になっています。適合しない(×)項目がある場合、対策ボタンを押して必要な対策を取るように受検者に指示してください。
2.検査途中でフリーズした
A-2.受検者に可能な範囲で状況を聞いていただき、小社人事測定部までご連絡ください。
  1. OS、ブラウザ(IE)のバージョンは何か。
  2. どの段階でフリーズしたか。
  3. どのような操作をしてフリーズしたか。
  4. フリーズしたときにどのようなエラーメッセージが出たか。
また、管理者画面で該当するIDの受検状態を確認することができます。
  1. 利用者検索で該当する受検者を検索する。
  2. 利用者情報検索一覧で該当する受検者の「履歴」ボタンを押す。
  3. 受検結果履歴表示を確認する。
    ・未受検→その検査単位は再ログインで受検可能な状態
    ・受検中→その検査単位は本当に受検中、あるいは何らかの原因で受検ができない状態
    ・受検済→その検査単位は受検済で解答データは送信されている状態
3.案内メールが文字化けして読めない
A-3.メール作成時に環境依存文字(丸数字、墨付きパーレンなど特殊な文字や記号)を使用すると、受信メールが文字化けする場合があります。環境依存文字を使用しないでください。
また、受信側(受検者側)のメールソフトの設定によっては、文字化けする場合があります。エンコードが日本語になっていることを確認してください。

ページ先頭へ

Q3. 本システムに関する問い合わせは、どのようにすればよいですか。

A.管理者画面・受検者画面ともに24時間閲覧・実施が可能ですが、お問い合わせにつきましては小社営業時間内での対応となります。受検者からの問い合わせにつきましては、まずは受検者ID発行元の貴社にてご対応いただき、その上でご不明点などありましたら、小社にご連絡ください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ